前へ
次へ

コンパクトなお葬式の利点と留意点

最近ではコンパクトなお葬式を選ばれるご家庭が多く、火葬式なども人気になっています。
通夜などを省略して斎場へ直行する方式ですが、その分費用もカットできるのが特徴です。
また、参加者は身内だけ、というスタイルも増えています。
そのため、喪主の方でも思い残すことなく、亡くなった家族と最後の時間を過ごせます。
一般的なお葬式では、最も悲しみを抱え、一番お別れをしたい筈の喪主が、弔問者の対応に追われた挙句、ろくにお別れができない状況も珍しくないのです。
その意味でも、火葬式などはとても価値があるお葬式となっています。
ただし、亡くなられた方の交友関係や役職次第では、通常のお葬式を選んだ方が後々良いパターンもあります。
具体的には、訃報を知った人々が、後日波状的に訪れてくる可能性があるのです。
もしもそれが数か月間続けば対応も大変ですから、亡くなった人の地位などにより、それが予想される場合は、通常のお葬式をした方が正解かもしれません。

Page Top